公立高校と私立高校の通信制高校の違いおよびサポート校の学費について

通信制高校の学費について

ピアノとチェロ現在では、自宅で学習をしながら高校を卒業出来る通信制高校が数多く登場しています。こういった学校は、一般の高校に比べて学費が大幅に安く設定されており、諸事情がある場合でも比較的卒業しやすいのです。特に公立校の場合には、私立に比べても大分費用が抑えられていると言えます。

比較でわかる公立の通信制高校の学費の安さ

例えばある通信制の公立高校の場合には、入学金が500円程度、授業料も一年間で約3万円程度と一般の通信教育よりも安い学費で卒業することが出来ます。私立の場合には公立高校に比べると若干諸費用が高くはなりますが、その分様々なサポートが得られるなどのメリットがあるため、意外に人気が高いのです。いずれにしても、全日制の高校に通う場合に比べると格段に安く利用出来るのが通信制高校なのです。

学習支援のサポートの手厚さが学費の違いに表れています

こういった安い費用で利用出来る通信制の高校は、自分のペースで学習出来るという利点がある半面、学習の指針が得られにくいといったデメリットもあります。分からない個所がある場合にも、中々質問がしづらくなるため学力にも大きな影響を与えてしまうことがある訳です。私立の通信制高校の場合には、学習の支援態勢が築かれていることもあり、そういった点も人気の一因です。

サポート校に通うことで学費の二重払いが起こりえます

実際には、通信スタイルだけで高校を卒業することが難しい場合もあります。そうしたケースに備えて登場しているのが、学習をサポートする学校です。このような学校では、随時対面式の授業などを設けて生徒同士や教師との交流もはかっています。そのため、学習を続ける上でもメリットが得られやすいのです。こういった学校は、学費の点ではやや高額になります。
様々な方法で高校を卒業出来る昨今では、費用も含めて各学習スタイルのメリットとデメリットを検討することが大切です。