日本の通信制高校とはどんな高校なのか

全日制高校と通信制高校の違い

チェロ一般的な高校は全日制の高校であり、平日の昼間に学校に通って授業を受け、3年間勉学に励む事になります。
それに対して通信制高校は学校に毎日直接足を運んで勉強するのではなく、通信教育を行う事になります。
もちろん学校教育法に定められているために、通信制高校でも全日制の高校と同様に3年以上の在籍期間を満たしていなければ卒業要件を満たす事が出来ません。
ただ、基本は通信教育となるために、自分の融通の利く時間で勉強しやすいというメリットがあります。

通信制高校のメリット

通学時間の自由のために、働きながら高校を卒業したいという人や集団での生活が苦手であるけれども、高校ぐらいは卒業したいという人など、様々な理由で全日制の高校では無く、通信制の高校を選択する人がいます。
基本的には通信を行いながら勉強するために、通学はせずにレポートの提出をする事で勉強をしていきますが、全く学校には通わないという訳では無いです。
学校によっても若干異なりますが、スクーリングと呼ばれる日が月に2回ほどあり、その時には学校に登校して、面接指導を受ける事になります。
その時に勉強していてわからない事を相談したりして、直接やり取りをする事になります。

通信制高校での学習について

通信制高校は通信によるやり取りが中心となるとはいえ、卒業資格を得るためにはしっかりと勉強をして単位を取得する必要があります。
単に勉強が嫌いだけど高校を卒業したいという考えだと、自主的に勉強する必要があるために、次第に勉強についていけなくなってしまう可能性があります。
その点については注意する必要があり、入学したは良いものの勉強についていけずに挫折してしまうという人も少なからずいます。
通信制高校だけではついていけないという場合には、通信教育をサポートするためのサポート校もありますので、もしも上手く勉強についていけないという場合には、そうしたサポート校を活用する事も考えてみると良いです。