通信制高校の単位制というカリキュラムシステムについて

通信制高校のカリキュラムとは?

高校に通う際には全日制の高校へ通う人が多いですが、中には通信制高校を選択する人もいます。
通信制高校の場合は基本的に自主的に勉強をする必要がある代わりに、自分の好きな時間に勉強する事が出来ます。
自主的に勉強すれば勉強の時間は決められていないために、家計が苦しくて普通に高校に通う事が出来ず働きながら高校へ通いたいという人や、勉強の意欲はあるものの一般的な学校では馴染めない不登校の生徒など、色々な人が入学します。

全日制の学年制と単位制のシステムの違い

また、全日制の高校では学年制であるのが一般的であり、学年制であると1年ごとに必要な単位をすべて取得しなければ進級する事が出来ずに留年する事になります。
それに対し、通信制の場合は単位制となっている事が多いので、卒業までに必要な単位数はありますが、留年するという事はなく3年以上かけて必要単位を取得すれば卒業する事が出来ます。
例えば、働きながらであると3年ぴったりでは厳しい人もいますが、単位制であれば少しずつ自分のペースに合わせて単位を取得して卒業するという事も可能です。

通信制高校はどのようにしたら卒業できるのか

それでは通信制の場合には卒業要件はどのようになっているのかというと、まず、3年以上の在籍期間を有する必要があります。
そのためにいくら頭が良くて単位制であると言っても、1,2年で必要な単位を取得して卒業するという訳には行かず、最低3年は卒業までに必要です。
また、必要な単位は74単位となっているために、74単位取得しなければ3年経過しても卒業できるという訳では無いです。
さらに特別活動で30単位を取得する事も卒業条件となっています。
特別活動というのは修学旅行や体育祭、ホームルームなどの事であり、学校によっては短期でスクーリングをして一気に単位を取得する場合もあれば、スクーリングの日数が多く用意されている場合もあります。
以上の条件を満たす事が出来れば卒業する事が出来ます。